特定技能とは~特定技能1号で認められる分野など

特定技能とは~特定技能1号で認められる分野など

外国人介護士 <特定技能>

特定技能制度は、労働力不足を補うために日本政府が導入した制度で、外国人労働者が一定の技能を持っていることを証明することで、日本で働くことができます。特定技能には「特定技能1号」と「特定技能2号」の2種類があります。「特定技能1号」は、主に現場での実務経験を必要とする技能を持つ労働者向けで、「特定技能2号」は、さらに高度な技能を持つ労働者向けです。

特定技能所属機関の要件

特定技能所属機関とは特定技能外国人材を労働者として受け入れる組織のことです。特定技能所属機関となるためには一定の要件を満たす必要があります。

1. 経済的基盤と信頼性

  • 経済的安定性:企業は安定した経済的基盤を持っていることが求められます。具体的には、過去の財務諸表や現在の財務状況を示す資料を提出する必要があります。
  • 法令遵守:企業は日本の法律を遵守し、過去に重大な法令違反がないことが条件です。これには労働基準法、労働者派遣法、出入国管理法などが含まれます。

2. 労働環境の整備

  • 適切な労働条件の提供:特定技能労働者に対して、日本人労働者と同等以上の労働条件を提供することが求められます。これは賃金、労働時間、休暇などの面で適用されます。
  • 福利厚生の充実:労働者が安心して働ける環境を整備することも重要です。具体的には、健康保険、厚生年金、労災保険などの社会保険への加入が求められます。

3. 支援体制の確立

  • サポート体制:企業は特定技能労働者が日本で円滑に生活し、働けるようにサポート体制を整備する必要があります。これには、日本語教育、生活相談、労働条件の確認などが含まれます。
  • 定期的な報告:企業は特定技能労働者の労働状況や生活状況について、定期的に関係機関に報告する義務があります。

特定技能労働者の採用プロセス

特定技能労働者を採用するプロセスは以下の通りです。

1. 必要な書類の準備

  • 在留資格認定証明書交付申請書:これは特定技能労働者が日本で働くために必要な最初のステップです。
  • 雇用契約書:労働条件を明記した契約書を作成し、労働者と締結します。
  • 支援計画書:特定技能労働者が日本で円滑に生活し、働くための支援計画を作成します。

2. 関係機関への提出

  • 上記の書類を出入国在留管理庁に提出し、審査を受けます。このプロセスには数週間から数ヶ月かかることがあります。

3. 労働者の受け入れ

  • 在留資格認定証明書が発行され次第、特定技能労働者を日本に招き入れることができます。労働者が日本に到着したら、労働契約に基づいて雇用を開始します。

特定技能労働者の分野

特定技能1号で認められている分野は以下の通りです。

1.介護

2.ビルクリーニング業

3.素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業分野

4.建設業

5.造船・舶用工業

6.自動車整備業

7.航空業

8.宿泊業

9.農業

10.漁業

11.飲食料品製造業

12.外食業

各分野ごとに必要な技能や経験が異なり、それぞれに特化した試験や研修が設けられています。

特定技能所属機関の具体的なサポート体制

特定技能労働者を受け入れる際に重要なポイントの一つは、適切なサポート体制を整えることです。これにより、労働者が安心して働ける環境を提供し、日本での生活にスムーズに適応することができます。具体的なサポート体制は以下の通りです。

1. 日本語教育

  • 語学研修:特定技能労働者が日本での日常生活や職場でのコミュニケーションに困らないように、定期的な日本語教育を提供します。基本的な日常会話から職場で必要な専門用語まで、幅広い教育プログラムが必要です。
  • オンライン学習:働きながらでも学べるように、オンラインでの日本語学習プラットフォームを活用することも推奨されます。

2. 生活サポート

  • 住居の手配:労働者が安心して生活できる住居を手配します。住居探しのサポートや、必要に応じて家具や家電の手配も行います。
  • 生活相談:労働者が日本での生活に関する悩みや問題を相談できる窓口を設置します。これには、病院の受診方法、銀行口座の開設、公共交通機関の利用方法など、日常生活に関する幅広いサポートが含まれます。

3. 労働環境の整備

  • 労働条件の明示:労働契約書に基づき、給与、労働時間、休暇などの労働条件を明確にし、それを遵守します。
  • 職場の安全衛生管理:安全な職場環境を提供するための取り組みを行います。定期的な安全衛生教育や、労働者が安心して働ける環境の整備が求められます。

4. キャリアサポート

  • キャリアパスの提示:特定技能労働者が将来的にどのようなキャリアパスを歩めるかを明示し、長期的な視点でのキャリア形成をサポートします。
  • スキルアップ研修:必要に応じて、労働者がスキルアップできるような研修プログラムを提供します。これには、業務に必要な技術研修や資格取得支援が含まれます。

特定技能労働者のメリットと課題

メリット

  • 人材確保:特定技能労働者を受け入れることで、労働力不足を解消し、企業の生産性を向上させることができます。
  • 多様性の促進:多様なバックグラウンドを持つ労働者が集まることで、職場の多様性が促進され、新たな視点やアイデアが生まれる可能性があります。

課題

  • 文化の違い:異なる文化背景を持つ労働者が集まるため、文化的な違いによるコミュニケーションの課題が発生することがあります。
  • 長期的な定着:特定技能労働者が長期的に定着するためには、継続的なサポート体制の維持と、労働者がキャリアアップできる環境を整備することが求められます。

 まとめ

特定技能制度は、日本の労働力不足を補うために設けられたもので、適切な技能を持つ外国人労働者を受け入れるための枠組みです。特定技能所属機関となるためには、経済的基盤の安定性、法令遵守、適切な労働環境の整備、充実したサポート体制などが求められます。これにより、特定技能労働者が日本で安心して働ける環境を提供することができます。

特定技能所属機関として成功するためには、経済的基盤の安定性や法令遵守の徹底、適切な労働環境の整備、充実したサポート体制が不可欠です。これにより、特定技能労働者が安心して働ける環境を提供し、企業の成長と発展に寄与することができます。特定技能制度の理解を深め、適切な準備を行うことで、企業と労働者の双方にとって有益な関係を築くことができます。